コミュニケーションに配慮した二世帯住宅・耐震住宅工法テクノストラクチャー

 

二世帯住宅を建てる際、何でも2つ揃えるのではなく、浴室と洗面所はひとつにしたり、リビングを必ず通る動線を設けることで、家族とのコミュニケーションが生まれます。また、木と鉄を組み合わせた梁を使い、強度をアップ。地震に強い3階建て木造住宅も可能ということでした。

類似した記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です